教祖yaneの

教祖yaneの宗教とは全く無関係な話。実は、使者でもある

Googleアドセンスで【数十万円/月】稼ぐためにしたこと

f:id:c120378990c:20180214195432p:plain

多くのメディアやブログはGoogleアドセンスで収益化されています。

実際に教祖が数十万円稼げた、Googleアドセンスで稼ぐ方法を紹介します。

 Googleアドセンスで稼ぐ方法【基本】

f:id:c120378990c:20180210200539p:plain

アドセンスの利用規約を守る【絶対】

ブログを作って記事を書くのは良いとして、アドセンスの広告を貼るなら絶対に勉強しておかなければいけないのがアドセンスの利用規約です。

この利用規約を守らなければ、広告を貼ったとしてもGoogleからのペナルティで広告が表示されなくなったり、アドセンスそのものが使えなくなったりします。

 

なのでアドセンスの広告を利用する前に、アドセンス利用規約をさらっとで良いので、少し学んでからブログに貼り付けましょう。

最近、規約違反しているメディアを多く見つけるようになったので、これからそのようなメディアはペナルティを喰らうか、Googleから警告メッセージが届くでしょう。

ペナルティを喰らうと広告が貼れなくなったり、上位表示されていても検索圏外に飛ばされてしまいます。

 

全てではありませんが、規約違反をしていると初めに警告メッセージが届きます。そして、改善したことを報告すると、チェックされ合否を出されます。(教祖は2回警告を受けたことがあります)

警告なしにいきなりペナルティを出されることもあるので油断しないで下さい。アドセンスを利用するのであれば、初心者でなくても利用規約は必ず頭に入れとかなければいけません。

スポンサーリンク

 

 

アドセンスで稼ぐならアクセスを上げるのは必須

Googleアドセンスの広告はクリックしてもらうだけで報酬が発生します。ユーザーに何か物を買ってもらわなければ報酬が発生しないという訳ではないので、割と簡単で誰にでもできます。

文章力やコピーライティング(物を買わせる文章力)などがなくても収益を上げることができます。

 

アドセンスで稼ぐのに最も必要なのはサイトへのアクセスです。アクセスがなければアドセンスでは稼ぐことができません。

逆にアクセスさえあればアドセンスで稼ぐことは簡単です。アクセスに対しての広告の平均クリック率は約1%です。100アクセスあれば1クリック計算。

 

1クリックの平均単価は約30円となっているので、100アクセスで30円、10,000アクセスで3000円となります。

クリック率や単価はサイトの作り方、広告の配置などで変わってくるので、この後その説明もしていきます。

 

 

毎日1記事書くのは大事?

結論から言うと大事ではありません。ただ、継続して書くことは大事です。

アクセスが集まらない記事をいくら書いても、それはゴミ同然です。

 

毎日100アクセスする記事を100記事書けば、1日10,000アクセスで3,000円、1か月で9万円になります。

毎日10アクセスの記事しかないとすると1か月で9万円稼ぐのに1000記事必要になります。恐ろしいですね。

 

なので記事を書くことに意識を置かず、アクセスが集まりやすい記事を書くことを頭に入れて書きましょう。そう考えると簡単に稼げる気がしますね。

ただ、継続しないければ稼げません。そういう意味で毎日書くことは大事だと思います。

 

 

Googleアドセンスで稼ぐための記事やブログの作り方

f:id:c120378990c:20180131182809j:plain

ジャンルを絞って専門性を高める

はてなブログでは雑記系のブログがとても多いです。雑記系が悪いとは言いませんが(当ブログ「教祖yaneの」も雑記)、それよりは何か的を絞ったジャンルで勝負すると良いでしょう。

1つに絞る必要はありません。例えば、「化粧、ダイエット、ネイル」など女性が関心のあるブログでも良いでしょう。

 

なぜジャンルを絞る必要があるのかというと、ユーザーに他の記事にも興味を持ってもらい、サイトを巡回させることができるからです。

サイトを巡回してもらうとサイトの滞在時間が長くなり、Googleからの評価が高くなります。評価が高くなると上位表示されやすくなりアクセスに期待できます。

 

さらに専門性があると認識され、そのジャンルに強いサイトになっていくからです。

雑記ブログを始めるにしろ、いくつかのジャンルをメインで構成していった方が良いでしょう。

 

 

アクセスが集まりやすいキーワードを選ぶ

先ほどアドセンスで稼ぐにはアクセスが大切だということを言いました。なのでアクセスが集まりやすいサイト作りをすることがアドセンスで稼ぐ近道です。

どんなブログがアクセスが集まりやすいのかというと、狙ったキーワードで上位表示させている記事が多いブログです。

 

上位表示させることは場合によっては難しいですし、場合によっては簡単です。

上位表示させるのが難しいのはライバルが多いキーワード、「ダイエット」「SEO」「投資」などです。

 

初心者では到底太刀打ちできません。ライバルが多いキーワードで記事を書いたとしても上位表示は恐らく無理でしょう。

2ページ目以降に表示されても誰も見ることはないので、アクセスはもちろん集まりません。これではせっかく頑張って書いたのに時間がもったいないですね。

 

では簡単に上位表示させるにはどのようにしたら良いのでしょうか。それはライバルが少ないキーワードで勝負することです。

簡単ですね。ライバルが少なければ初心者でも上位表示させることができ、検索エンジンの1ページ目に表示されアクセスが集まりやすくなります。

 

結果、アドセンスで稼ぐことができます。

自分に合ったキーワードを選ぶ(キーワード選定)ことがアドセンスで稼ぐ近道です。

 

 

キーワード選定のやり方

f:id:c120378990c:20180210200410p:plain

ライバルが少ない、自分でも上位表示できるキーワードを選定するには、検索してサイトの件数を調べることと、Googleキーワードプランナーでどの程度の検索ボリュームがあるかを調べましょう。

言葉を検索すると、検索ボックスの下に「約5,000,000件(0.44秒)」と表示されます。検索結果に表示されたサイトの数です。

 

それだけその言葉を使用したサイトがあるということです。その件数が多ければ多いほどライバルは多いと思っても良いでしょう。

Googleキーワードプランナーというツールは、その言葉の月間平均検索ボリュームを調べることができます。 

 公式サイト:GoogleAdWords

 

この2つの機能を利用して、人気があり過ぎず、マイナー過ぎないキーワードを選定します。

マイナー過ぎてしまうと上位表示できたとしても、調べる人がいないといった現象が起きてしまうので、そこそこ検索されそうなキーワードを選ばなければいけません。

 

個人的には、検索結果のサイト件数は数十万~でイケると確信します。数万だと少なく、数百万だとライバルが多いかもしれません(個人差アリ。自信がある方は数千万でもOK)。

Googleキーワードプランナーだと1万~10万くらいが良いのではないかと思います。

初心者の人は少ない所を狙っても良いと思いますし、上級者の人はもっと上を狙っても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

 

話題性のある内容ではなく、ロングテールを

アクセスが毎日変わらず同じくらいあれば、同じくらいの収入を見込めます。アクセスが上がれば収入も比例して上がっていくはずです。

逆にアクセスが下がれば収入もさがってしまいます。なのでアクセスが下がらないようにする、時期や流行りなどを気にしない、変わりにくい情報は安定した収入を得ることにつながります。

 

例えば、「語学について」のサイト。語学の文法や単語、勉強方法はそこまで変化することはないので、上位表示さえしてしまえば安定した収入を得ることができます。

逆に「旬の芸人」についてのサイトだとしたら、旬の時はアクセスが爆発的に集まりますが、旬ではなくなってしまった場合調べる人がいなくなってしまうので、アクセスは当然落ち収入も減ってしまいます。

変化が少ないキーワードを選ぶことが、アドセンスで安定して稼ぐコツです

 

 

今旬の人気のあるトレンドを狙う

f:id:c120378990c:20180214160732p:plain

ロングテールのキーワードとは逆で、旬の人気のあるキーワードで勝負する方法です。トレンドブログとも呼ばれています。

先ほど説明した通り、旬の時は爆発的にアクセスを集めることができます。その旬のモノや人が旬である限り稼げ続けます。

 

ただ、いつ終わりが来るかは分からないので、安定性はありません。ずっと続くかもしれませんし。どちらが良いかは好みなので、自分にあった稼ぎ方をして下さい。

今世間で何がトレンドなのかを調べるにはこちらのツールがおすすめです。

公式サイト:Google トレンド

 

 

トレンドになりそうなキーワードを狙う

今は流行っていないが、将来的に流行りそうなことを記事にする方法もあります。小さい会社に投資して、会社がでかくなった時に大きなリターンを得るような感じです。

流行らなければアクセスは集まりません。流行ればアクセスが集まります。

 

Googleトレンドでは未来のトレンドも調べることができるので、今はマイナーでも将来トレンドになる可能性を秘めているものを探すことができます。

ちなみに教祖は「教祖yaneの」以外の運営サイトはロングテールのジャンルを扱ったサイトです。 

 

 

自分の書きたいことばかり書いていてもダメ

雑記系のブログは思ったことをとりあえず書いている人がたまにいます。決して悪くはありませんが、収益化したいのであれば検索する人のことをもっと考えるべきです。

「最近見た映画」という記事だとすると、まず「最近見た映画」で検索する人がいるかを考えて見て下さい。恐らくいないでしょう。

 

「○○という映画の感想」や「○○という映画の個人的な評価」の方が映画のタイトルが含まれていますし、感想、評価といったキーワードで検索結果に表示される可能性あります。

「最近見た映画」について書くのがダメということではないのです。検索するユーザー目線になって、具体的な記事を作成していかなければならないということです。

 

 

文字数はどのくらいが良い?

1記事2000文字以上が目標とよく言われますが、間違ってはいません。

ただ、文字数は多ければ多いほど良い訳ではなく、その記事の内容によります。

 

関係のない話をダラダラ数千文字で書いていても上位表示はされません。しっかりとした内容があるコンテンツが評価されるようになっているので、そういう意味で文字数は重要です。

 

逆に文字数が少ないとボリュームや内容が薄いとGoogleに認識されてしまうことがあります。

クオリティの高い記事を書くという意識で作成しましょう。

 

自分で書くより、お金を払って誰かに書いてもらいたい人は記事作成代行サイトを利用してしましょう。(クラウドソーシング)

教祖は当ブログ「教祖yaneの」以外の運営している全てのサイトでは、外注にお願いして記事を書いてもらっています。教祖は少ないお金を払って指示を出しているだけです。

 

稼げる記事の書き方さえマスターしてしまえば、記事を書くのはライターに任せた方が効率が良いです。

教祖が利用しているのはクラウドワークスです。手数料が少々ありますが、使いやすく様々な分野のライターがいますので、ライターが見つからないと困ることがなくおすすめです。

公式サイト:CrowdWorks(クラウドワークス)

 

 

SEO対策してみる

f:id:c120378990c:20180210201022p:plain

SEOというのはインターネットの検索結果で上位に表示させるための様々な手法のことです。アドセンスで稼ぐためにはSEOの知識はある程度は学んでおきましょう。

SEOはアクセスと直結している部分があるのでかなり大事です。

SEOについてはこちらの記事に書きました。

www.yane.me

 

 

色々な種類のアドセンス広告を使う

f:id:c120378990c:20180210203420j:plain

アドセンスの広告には様々な種類と大きさがあります。どんな種類があるのか把握しておくことで、サイトに合った広告を選ぶことができ、収益につなげることができます。

 

バナー広告

細長い横長の広告です。隙間などに上手に使っているのを見かけます。

PC用のビックバナー広告(728×90)、スマホ用のラージモバイルバナー(320×100)などがあります。

 

 

レスポンシブル広告

PCやスマホ、タブレットなどの端末に合わせた広告を自動で表示してくれます。

サイズは自動で変わってくれるので、自分で選ぶ必要はありません。

 

 

レクタングル広告

正方形や長方形の広告です。スマホだとこれが一番多く目にします。PCでもスマホでも同じ大きさで表示されます。

300×250が人気で、それより大きい336×280もあります。

 

 

インフィード広告

サイトのトップページは記事一覧が多いですね(違う構成のサイトもある)。その記事と記事の間に違和感なく入れることができる広告がインフィード広告です。

自然に配置されているので、広告と気づかずクリックしてしまう人も多いようです。

つまりクリック率が高いということです。

 

 

記事内広告

その名の通り記事内に貼る広告です。2017年まではレクタングルを記事内に貼っていましたが、記事内専用の広告ができました。

レクタングルと違うのはレスポンシブル広告と同じで、端末によって広告の大きさが変わるということです。

さらに広告の見た目も若干違い、違和感なく溶け込める広告だと言われています(個人的には差はない)。

 

 

オーバーレイ広告(アンカー)

スマホの画面の一番下にずーっと表示されている、あの邪魔くさい広告です。

クリック率は高いですが、単価は低くユーザーの利便性を考えるとあまりよろしくないと思われます。

 

 

全画面広告(インタースティシャル広告)

サイト内で移動した際に全画面で出てくる広告のことです。これもちょっと邪魔くさいですね。

単価は高く、クリック率もそこそこです。全画面とオーバーレイ広告は使っていない人も結構います。

 

 

色々試して実験してみる

どれが最も収益性が高いかは、色々貼ってみて実感してみることをおすすめします。

サイトによって良し悪しはあると思いますので。教祖は、

  • レスポンシブル広告
  • 記事内広告
  • インフィード広告
  • 全画面広告

を分析しながら利用しています。

他にも広告の種類はありますが、覚えておくべきなのはこれだけで十分です。気になる人はアドセンスの広告作成で色々いじってみましょう。

スポンサーリンク

 

 

アドセン広告の最適な位置

f:id:c120378990c:20180210202958j:plain

アドセンスの広告の数

アドセンスの広告の数は3つまでというルールが当たり前でしたが、2017年からコンテンツ量に合わせた数を貼っても良いという噂がたちました。

実際、教祖が運営している他のサイトでは長期間3つ以上アドセンス広告を貼っていても、ペナルティや警告が来ていないので噂は本当だったのでしょう。

 

ただ、コンテンツ量がすくないのにたくさん広告を貼っていてはペナルティを喰らう可能性がありますし、コンテンツ量が少なければ3つ貼ることすら許されないかもしれません。

そこはGoogle様がルールなので、教祖にもわかりかねます。

 

 

トップページ

ほとんどの人のトップページは記事一覧だと思います。なのでまずは違和感のないインフィード広告を使いましょう。

それだけでは寂しいので、上下に貼りましょう。それで十分だと思います。

 

 

記事内

記事内にもアドセンス広告を貼ることをおすすめします。

  • 記事の一番下
  • 中間
  • 一番上より少し下

記事下は読み終わった後にクリックする可能性があります。

その他の配置はユーザーが求めている何かの近くにしましょう。そうすることでクリック率が上がります。

文章と文章の間や読みづらい位置に貼ってしまうと、ユーザーの邪魔になってしまうので、区切りの良い見出しの上に貼ることをおすすめします。

 

 

サイドバー

PC表示だとサイドバーあまり効果はないでしょう。スマホ表示だと記事の下にサイドバーが来るので、サイトを巡回している人がクリックしてくれる可能性が高くなります。

 

 

広告の位置はアドセンスの利用規約で守らなければいけないルールがありますので、貼る前に読んでおきましょう。

アドセンスの広告の配置で違反している人を結構見かけます。気を付けて下さい。ペナルティを喰らってからでは遅いですよ。

 

 

クリック率の高いサイトのジャンル

f:id:c120378990c:20180214161321j:plain

ジャンルによってクリック率も変わってきます。中でもクリック率の高いジャンルを紹介します。

 

住宅・不動産関係

住宅や不動産に興味があるユーザーはしっかりとした情報収集をしているので、広告をクリックをして資料請求などをしてくれる方が多いと言われています。

 

 

趣味

ある分野で特化しているブログには、もちろんその分野に興味がある人が来ていて、その分野の広告が出やすくなっているのでクリックされやすくなります。

 

 

ECサイト(販売サイト)関係

ECサイトに訪れるユーザーはそもそも何かを探したり、購入しようと思ってサイトに来ているので、自然と広告のクリック率も高くなります。

スポンサーリンク

 

 

クリック単価の高いサイトのジャンルで

f:id:c120378990c:20180214161524j:plain

クリック率がジャンルで変動するのであれば、単価も同じようにジャンルで変動します。

 

住宅・不動産関係

クリック率が高いジャンルでも出てきましたが、このジャンルは購入額がとても高いので単価も高くなります。

 

 

クレジットカード・キャッシング関係

これは高単価でよく聞くジャンルですね。クレジットカードは作って使ってもらえば利益が出る収益性の高い構造をしているので、クリック単価も高くなります。

キャッシングも同じ理由です。

 

 

教育関係

DVD、セミナー、商材など原価率が低いので、広告にお金を使うことができるのでクリック単価が高くなります。

 

 

アドセンスで稼ぐための分析ツール

f:id:c120378990c:20180214161900p:plain

ある程度記事が溜まってきて、アクセスが集まりだしたら分析をするようにしましょう。

どの記事がどの程度アクセスがあるのかなど、ツールを使えば簡単に調べることができ、そこから分析することができます。

 

 

グーグルアナリティクス

簡単に登録でき、サイトと連携することができます。グーグルアナリティクスでできることは、

  • ユーザーの滞在時間 
  • セッション数
  • アクセス数(PV数)
  • 一定期間内に訪れたユーザー数
  • ユーザーが一回の訪問で巡回したページ数
  • 直帰率
  • 年齢
  • 性別
  • 端末の種類
  • サイト速度

などこれ以外にも色々なことができます。

アクセスが少ない記事があれば、なぜ少ないのかをアクセスの多い記事と比べたり、滞在時間が短いのであれば、ユーザーの動線を考えたり、色々分析して改善点は見つかるはずです。

 

 

Googleアドセンス

Googleアドセンスでは

  • CTR(クリック率)
  • CPC(クリック単価)
  • RPM(1000アクセスでの見積収益額)

など調べることができます。クリック率が低いのであれば別の広告を使用してみたり、収益が伸びないのであれば何が原因なのか分析したりすることができます。

 

 

google search console

登録すると自分のサイトをGoogleからどのように認識されているかがわかります。他に、

  • ページのクリック数
  • 掲載順位
  • クリック率
  • ユーザーが検索する時入力する言葉

などを調べることができます。何か問題やエラーがサイトにあればメッセージで知らせてくれるので、そういった面でも利用価値があります。

グーグルアナリティクスと連携できるので、簡単に登録ができるようになっています。

公式サイト:Search Console - ホーム

 

 

本気でアドセンスで稼ぐなら無料ブログでなく有料ブログを

f:id:c120378990c:20180214161047j:plain

ブログには有料と無料のものがあります。Googleアドセンスで本気で稼ぎたいと思うのであれば有料ブログをおすすめします。

 

無料ブログ

その名の通りすべて無料のブログです。無料で始めることができるので初心者には嬉しいですね。

しかし、無料なので有料に劣る面がいくつかあります。

  • サイトの強さ(SEOやドメイン)
  • ブログ運営側の広告が貼られる
  • カスタマイズが少ししかできない

 

ドメインが強くなっていかないので、サイト自体が有料ブログと比べると弱く、上位表示されにくいです。

また、ブログを提供している業者側の広告がブログ内に勝手に張られるので、自分のアドセンスの広告のクリック率が下がってしまいます。

カスタマイズは少ししかできなく、利便性がありませんので有料ブログに比べたらユーザーの動線も作ることができません。

 

 

有料ブログ

サーバーをレンタルし、ドメインを取得してワードプレスなどでブログを開設します。意味がわかりませんが、ネットで調べるとやり方が丁寧に説明されているので、始めてしまえば簡単です。

どこのサーバーを使うかによりますが、1年で10,000円前後です。1か月1,000円と思えば安いでしょう。

 

おすすめは最も利用されているエックスサーバーです。エックスサーバーの利点としては、

  • 表示速度が速い(SEO的に良い)
  • データ容量が多い
  • 50個までブログを作ることができる
  • サーバーが落ちない安定性
  • バックアップしてくれる
  • ワードプレスのインストールが簡単にできる

など様々なアドセンスで稼げるメリットがあります。無料ブログと有料ブログのアクセスは比になりません。

 

教祖も最初は無料ブログで始めましたが、アクセスに限界を感じました。有料ブログに変えてからは、無料ブログの約7倍ほどアクセスが集まるようになり、収益も自分で驚くほど伸びていきました。

月1~2万円の収益で良いなら無料ブログでも良いと思います。ただ、5万円、10万円、30万円を稼ぎたいのであれば有料ブログは必須です。

公式サイト:エックスサーバー

 

 

Googleアドセンスで稼げないサイトのジャンル

稼げないといいますか、単価やクリック率が低いジャンルがあるみたいです。そのジャンルは子供向けの内容や芸能情報です。

子供は広告をクリックしたとしても購入ができないので、簡単に言えば意味がないのです。

芸能情報、特にグラビアなどのちょっとアダルトチックな内容だと、ペナルティになる可能性が高いので避けるべきでしょう。

 

 

Googleアドセンスで稼ぐのに最も大事なこと

大切なことは2点です。

  • ユーザーの役に立つクオリティの高いコンテンツであること(SEO)
  • キーワード選定

この2点ができればアクセスは自然と集まりますので、Googleアドセンスで稼ぐことができます。

 

 

Googleアドセンスで稼ぐならまずはアクセスです。アクセスが集まらなければ全く稼げません。

ただ、記事を書くという作業をするのではなく、アクセスを集めるためにできることをやっていきましょう。

ブログでGoogleアドセンス以外で稼ぐ方法はこちらに書きました。

www.yane.me