教祖yaneの

教祖だけど宗教とは全く無関係。実は、使者でもある

旭岳を登山|10月は雪山?天神峡温泉、じゅんぺいの評価

f:id:c120378990c:20171025192418j:plain

 10月上旬に旭岳を登山することに。

今回で2度目の旭岳、周辺の食事、温泉、観光について紹介。

旭岳(大雪山)を登山

 旭岳の情報

  • 標高:2,291m
  • 位置:北海道のど真ん中(住所は北海道上川郡東川町)
  • 斜度:5.2度
  • 歩行距離:12㎞
  • 往復時間:約7時間

 

北海道で最も高い山。羊蹄山のようにぐるぐる登っていく山ではなく、ほとんどまっすぐ登っていくので結構斜度がきつい。中級者向けの山かも。

今回も5合目まではロープウェイで登る。ロープウェイは時期によって始発の時間が変わ理、料金は大人だと往復2,900円と結構お高い。

 

ロープウェイを使わなくても登れるっぽいが、往復で7時間くらいになるらしい。一度は挑戦してみたい。

ロープウェイを使えば往復約3時間?料金や営業時間はこちらの公式ホームページで。

登山後に行く温泉やご飯の営業時間の関係で、朝4時半に出発。

すぐ近くにあるお店は限られているので、しっかりと段取りを組んでから行った方が向こうで宙ぶらりんにならずに済む。

 

スポンサーリンク

 

10月の旭岳はすでに雪でいっぱい

旭岳の公式ホームページではライブ中継で山の様子を見ることができる。

何日か前に見るとあたり一面真っ白。早くも雪が積もっていた。実際に行くとロープウェイ前の麓から雪が積もっていた。

10月の旭岳は油断は禁物。池も凍っていた。

 

教祖の服装は、

  • ランニング用に買ったジャージ上下
  • ロングTシャツ
  • ヒートテック
  • タイツ
  • パーカー
  • 帽子
  • 軍手

10月ならこれだけあればなんとか大丈夫。真冬だったら厳しい。

休憩すると寒いけど、それ以外は結構暑かった。

 

初めての雪山の絶望感というか、下手したら死ぬんじゃないかみたいな、威圧感はいつもの比ではない。

これ以上雪が降ってたら遭難するなと思った。

飲み物は暖かいものを持って行くと良いかもしれない。

 

 

8号、9号目から頂上までは要注意

旭岳は頂上に近づけば近づくほど風が強くなる。

風速どのくらいかわからないけど、すれ違うじいさんばあさんが吹き飛ばされるのではないかと心配になるくらいの強さ。

帽子、スマホを持つ時は飛ばされないように注意する。

 

雪が降っていると風で雪が顔面に当たって痛い。

風が冷たい。

靴と足の間に雪が入って冷たい。

9号目から頂上は難関。かなり斜度が高くなっているので、足がかなりきつい。

もー頂上いーかなってなった。

実際に、頂上の看板みたいなところ行く前に下山し始めた。あれは辛い。

だが、それを乗り越え、猛スピードで8号目まで降りるとそこは天国のように感じる。暖かくて、風のない暖かい場所がいかに幸せかを教えてくれる。

 

スポンサーリンク

 

下山後は天神峡温泉へ

12時半に一番近くにある温泉「天神峡温泉」へ。温泉へ行く途中、崖と紅葉が綺麗で、結構車を停めて写真を撮っている人がいた。

この温泉の印象はとにかくボロい、汚い。

もうちょい手入れしろって思った。

 

景色が良く、露店風呂からは川、紅葉を見ることができる。

だが汚い。なんか色々汚い。勿体無いなあと感じた。

ここに来たついでになんかの滝も見ることができる。 今回は時間があまりなかったので省略。料金やプランなどはこちらの公式ホームページで。

 

 

旭岳の近く?でお昼ご飯 

今回は2017年のミシュランに掲載された洋食&カフェの「じゅんぺい」へ行くことに。

揚げ物がメインで、海老丼が有名らしい。

 

教祖はメンチカツ、ヒレカツ、エビフライ定食を注文。普通に美味い。10〜15分くらい待たされる程かなり人気らしい。外国人もかなり来ていた。

おすすめできなくはない。

料金や営業時間はこちらの公式ホームページで。

 

 

人気の観光地「青い池」「白髭の滝」

この辺の人気観光地と言えば、青い池。不自然な綺麗な青い水たまりで、観光客が半端なくいる。

教祖は今年来るのは2回目。その日は快晴。

今回はそこまで日が出ていなかったので、そこまで綺麗に見えなかった。青い池に行くなら晴れの日を狙った方が良い。

 

青い池から車で10分程度のところにある白髭の滝にも行って来た。

青い池と同じ綺麗な色で、橋から見下ろす滝はかなり怖い。奥へ行くと上に登って行く長い階段があるが、上には何もないので登る必要はない。

 

青い池も白髭の滝も冬の期間はライトアップされるので、それ目的で行っても良いかもしれない。

ただ、この辺の冬道は危険だから気をつけて。

 

 

 

札幌から車で往復3時間半くらいなので、ほとんどは移動時間。帰宅したのは夜9時くらい。

今年ラストの登山。

スポンサーリンク