教祖yaneの

教祖yaneの宗教とは全く無関係な話。実は、使者でもある

ブログで稼ぐ【超初心者向け】の方法

f:id:c120378990c:20180201155214j:plain

YouTubeでたまたま見つけた中学生が毎回数十万再生の動画を配信していて、日本のサラリーマンの平均年収くらいあってびっくりしました。(稼いだお金はどうしてるのでしょうね)

色々な稼ぐ方法が増えている中、昔からあって比較的手の出しやすいブログ。高校生や大学生、年齢、性別に関係なく書いている人が増えました。

 

教祖は当ブログ「教祖yaneの」の他にもいくつか運営しています。ちなみにブログで得ている収入は先ほどの中学生よりは多いです。

ブログで稼ぐ方法を紹介します。

ここ数年小学生から大人まで、特に才能がなくてもお金を稼ぐ人が増えてきています。

  • インスタグラム
  • YouTube
  • ブログ
  • ライブ配信
  • VALU
  • タイムチケット
  • 民泊などのシェアリングエコノミー
  • 仮想通貨
  • note
  • オンラインサロン 

など色々な手法があるみたいですね。ブログは歴史が長く、稼げる仕組みが単純です。

スポンサーリンク

 

  

ブログでお金を稼ぐ方法と仕組み

f:id:c120378990c:20180131182809j:plain

グーグルアドセンス(クリックで広告収入)

ブログにグーグルの広告を貼って、クリックされれば収入になります。

1クリックうまい棒3本分前後と思って良いと思います。平均100アクセスで1クリック程度なので、月100,000アクセスで約3万円程度稼ぐことができます。(ブログのテーアや時期にもよる)

初心者向けで、ブログに人を集められれば毎月一定額稼ぐことができます。詳細は後ほど紹介。

 

 

アフィリエイト(物販で広告収入)

アマゾンや楽天、その他の商品の広告を貼って、購入してくれればお金が入ります。

「〇〇おすすめ」で検索すれば山程物販目的のサイトが出てきます。無料資料請求や無料登録でも報酬を得ることができます。

 

アドセンスと違うのは、アクセスだけ集めてもダメだと言うことです。サイトに訪れた人が買いたくなる様な商品を紹介したり、文章を作らなければいけません。

広告をクリックされるだけではお金が入らないということです。なのでアドセンスと比べて1つの商品が売れた時の報酬単価は高くなっています。

500円くらい〜数万円のものもあります。

 

 

自分の商品を売る

自分の商品を持っている人はブログで売ることができます。

例えば、あなたが何かしらの高い技術があるとして、それを求めている人がいるとします。

求めている人はインターネットで検索してあなたのブログに訪れました。求めている人はお金を出してでもあなたの技術を教わりたいと思っています。

 

あなたが求めていた人に技術を教えた結果、収入を得ることができます。

よく見る「メルマガ無料登録」とかはこの手法になります。投資などで稼げることができる人は、そのノウハウを売ることが出来るので大きな収入を得ることもできます。

 

 

フォロワーを増やす

日記系のブログだと個性があって気に入られるとファンになってくれる方がいます。

そうするとyoutubeやインスタのリンクを貼っておけば、登録者やフォロワーを増やすことができます。直接的ではありませんが、利益には繋がります。

クラウドファンディングで資金を集めやすくもなるかもしれません。 

有名ブロガーはファンが多いので、VALUやnoteなどでも稼いでいます。ファンが付くのに時間がかかりますし、何らかの魅力がなければ難しいですね。 

 

スポンサーリンク

 

 

ブログで稼ぐおすすめの方法1「グーグルアドセンス」

f:id:c120378990c:20180131182747j:plain

審査がある

アフィリエイトなどはサイトさえあれば簡単に登録でき、すぐにでも広告を貼ることができます。

アドセンスは広告を貼れるようなサイト作りが出来る人か軽く審査をして、それに通ると広告を貼れるようになります。(そこまで重たいものではありません)

 

ブログを作って記事をいくつか作成し、サイトURLを送信すると審査してくれます。その辺のサイトに描いてあることをしっかりと実践すれば審査は通るでしょう。

他の広告よりも厳しいのがアドセンスです。 

 

 

ルールも厳しい

アドセンスにはルールがたくさんあります。ただ広告をバカみたいに貼れば良い訳ではありません。例えば、

  • クリックを促すようなことをしてはいけない
  • むやみにたくさん広告を貼ってはいけない
  • 自分でクリックはしてはいけない
  • 記事の内容が不十分(内容が薄い)
  • アダルトコンテンツ
  • スマホ表示で、広告が連続している

 

など山程あります。(そんなに難しくはない)

このルールを守らなければアカウントを停止され、広告が貼れなくなり収入がなくなってしまいます。

なのでブログを始める前にアドセンスのルールだけは把握しておきましょう。せっかく記事をたくさん描いたのに無価値になってしまってからでは遅いです。

 

この2つのハードルを越えることができればあとは記事を書いてサイトに広告を貼るだけです。

これだけでブログで収益を得ることができます。

 

 

ブログで稼ぐおすすめの方法2「アフィリエイト」

f:id:c120378990c:20180131182833j:plain

楽天アフィリエイト

楽天市場にある商品を記事に貼ることができます。そのリンクから購入されれば、商品価格の1%を報酬で得ることができます。

1万円のものが売れれば100円稼げるということです。(1%より高い商品もある)

 

楽天のメリットはクッキーといって、記事に貼ってあった楽天の商品をブログに訪れた人がクリックすると、クリックから1ヶ月間以内にその人が楽天で商品を購入すると1%の報酬を得られるといった機能があります。

つまりその時売れなくても、その人が1ヶ月以内に楽天で何かしらの商品を買ってくれればお金になるということです。

 

ポイントとして報酬をもらえるので、そのままお買い物することができます。アドセンスと違って審査もないのでやりやすいのですが、単価が低いのが難点です。

あまりおすすめはしません。

 

 

Amazonアソシエイト

楽天アフィリエイトのAmazonバージョンと思ってもらえれば良いです。

楽天アフィリエイトと違うのは単価が若干高いという部分です。だいたい商品の3〜5%のものが多いです。

 

単価が高い代わりにクッキーが24時間となっています。楽天アフィリエイトは30日間なのでかなり差があります。

貼った商品を買ってくれる自信があるならAmazon、自信がないのであれば楽天と思いがちですが、どちらも一緒に貼ることもできます。

 

 

アフィリエイトbやA8などのアフィリエイト

楽天とAmazon以外のアフィリエイト(ASP)はたくさんあります。中でも有名でよく使われているのが、

  • A8(エーハチ)
  • アフィリエイトb
  • バリューコマース
  • アクセストレード
  • もしもアフィリエイト

 

これらのアフィリエイトと楽天やAmazonとの違いは商品数です。楽天やAmazonは自分で好きな商品を選ぶことができますが、その他のASPは数少ない商品から選んで貼らなければいけません。

自分の貼りたい商品がないかもしれないということが起きる可能性があります。

 

その代わり単価は比になりません。1つの商品で数万円、月単位だと数十万〜数百万円稼ぐ人もいます。

これらのASPを使えば楽天やAmazonでは稼げない額も可能です。

 

 

アドセンスで稼ぐにはどんなブログを作れば良いの?

f:id:c120378990c:20180131182926j:plain

アドセンスを使ってブログで稼ぐにはたくさんの人に見てもらわなければいけません。多くの人に見てもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

  • フォロワーを増やす(ファンになってもらって、更新するたびに見てもらう)
  • 面白い記事を書く
  • 検索エンジンでトップに表示される
  • その人しか書けないような専門性の高い内容の記事を書く
  • 知名度の高い人やニュースアプリなどで紹介してもらう

 

フォロワーを増やす

ファンになってもらうと毎回更新した記事を読んでもらえる可能性が高くなります。(面白くなければ読んでもらえなくなるかもしれませんが)

ただ、先ほども言ったようにそこまでしてくれるフォロワーを増やすのは難しいです。

 

なにかしらの突出した個性がないと厳しいでしょう。そしてフォロワーだけに記事を見てもらったとしてもそこまで利益はでません。(何百万人いて毎日記事を更新してれば別)

アドセンスで稼ぐには毎日それなりのアクセスが必要となるからです。

 

 

面白い記事を書く

ブログを始めたばかりの時は「アレ書こう」「次あんなこと書こう」と楽しいかもしれませんし、面白いことも書けるかもしれませんが、それをずっと続けていくことは至難の業です。

どんなライターやブロガーでも難しいでしょう。

 

 

検索エンジンで上位に表示させる

インターネットで検索する際、ほとんどの人は1ページ目の1番上(もしくは2~3番目)のサイトを開くと思います。

つまり検索エンジンで上位に表示される(SEO)ということはたくさんの人が見に来る可能性が高いということです。

 

もちろん誰も調べないような言葉で上位になっても人は来ません。

逆に多くの人が調べるような言葉だとライバルが多いので上位に表示するのは難しいです。上位に表示されたいからです。

 

なのでちょうど良い言葉で上位表示を目指すことが稼ぐ近道でしょう。

ほとんどの場合ファンは記事を1回しか読んでくれません。しかし、インターネットで調べる人は毎日たくさんいます。

 

ファンが多いブロガーは記事を書くたびにアクセスがありますが、検索上位は毎日放っておいても調べた人がサイトにやってきます。

つまり一度上位表示させてしまえば不労所得が可能ということです。(Googleの検索エンジンも進化をするので順位が変わることもあります)

 

www.yane.me

 

 

専門性の高い記事を書く

誰もが書ける記事はみんなが書いているので、アクセスが分散してしまいます。

専門性が高く、その人しか書けないような内容のブログはライバルが少ないので、上位表示されやすく、アクセスも分散されません。

ただ、ニッチな内容になることが多いので、爆発的なアクセスは期待できません。

 

 

ニュースアプリなどで紹介してもらう(拡散)

グノシーやスマートニュースなどでブログ記事が取り上げられることがあります。

ニュースアプリはサラリーマンの暇つぶし、情報収集となっているのでアクセスが爆発します。

 

ただ、取り上げられている期間だけ爆発しているので、その流れが過ぎてしまうといつも通りのアクセスに戻ってしまいます。

TwitterなどのSNSで拡散するのも同じことが言えます。

 

 

これらに当てはまるような記事を書けるようになればアドセンスで稼げるようになるでしょう。

全てを行うことは難しいので、組み合わせながら記事作成頑張ってみて下さい。

 

 

日記系のブログは稼げるのか

「教祖yaneの」ははてなブログを利用しています。はてなブログや無料ブログは日記系の内容を書いているブログが多いです。

当ブログもそんな感じでしょう。日記系ブログはやり方によっては稼げますが、やり方によっては全く稼げません。

 

書きたいことを書いているだけでは稼げません。それはただの自己満足なブログです。

「収益など関係ない。書きたいことを書く」という人は別に良いと思います。ただ、少しでも稼ぎたいのであれば内容がよくわからない記事を書くのはおすすめしません。

日記のような感じでも、

 

  • 読む人の役に立つ記事(信用性)
  • 共感できる記事(ファンになってくれる)
  • 検索エンジン上位表示される記事(アクセス)
  • 面白い記事
  • 専門性の高い記事(例えば投資の結果ブログ)

などを加味してバランスよく作成してみて下さい。すると日記系ブログでもお金を稼げるようになります。

 

 

最初は余計な知識を覚える必要がない

  • CTR(クリック率)
  • CPC(クリック単価)
  • RPM(1000アクセスでの見積収益額)
  • グーグルアナリティクスでの分析
  • 広告の位置
  • デザイン
  • グーグルアドワーズ

などの知識はアクセスも集まっていないのに勉強しても、ほとんど意味はないと言ってもいい。

そんな余計なことを勉強するならGoogleアドセンスの利用規約(守らなければいけないルール)を学ぶべき。結構ルール違反しているサイトを見かけるので、そのうちペナルティを受けるだろう。

 

上記でも説明した通りペナルティは検索結果圏外、アドセンスのアカウント停止(広告を貼れない)など悲惨な目にあう。

アドセンスで稼ぎたいのであれば、まず細かいテクニックを学ぶよりもアドセンスの利用規約から勉強することをおすすめする。

 

最初は読んでも何を言っているか分からないことも多いと思うので、記事を書きながら少しづつ勉強していき、違反していたら修正していけば良い。

すぐにはペナルティを受けないし、ペナルティ前に一度警告メッセージがくる(いきなりペナルティもありえる)。

 

それである程度のアクセスを集められる記事を書けるようになったら、細かい知識を身につけていけば良いと思う。

多くのサイトは小手先のテクニックばかり紹介しているので、その知識は置いておいて基本から勉強しよう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アフィリエイトで稼ぐにはどんなブログを作れば良いの?

f:id:c120378990c:20180131183041j:plain

アフィリエイトで収入を得るにはアドセンスとは少し違った方法になります。

アドセンスはアクセスさえあればお金を得られますが、アフィリエイト広告はクリックされただけでは収入につながりません。

サイトに来た人に広告の商品を買ってもらわなければいけません。

 

 

文章力のある記事

商品を買ってもらうには、買ってもらえるような文章力が必要になります。コピーライティングといって、記事の文章だけで行動させるテクニックです。

なんとなく書いたところで売れないでしょう。

 

 

信用性

そのブログの運営者にある程度の信用があれば買ってくれる人がいます。どこの誰かもわからない人よりも、素性が明らかでどのような人柄か分かっている方が購入者は安心して買えます。

なのでフォロワーは購入してくれることが多いでしょう。「この人が使ってるなら信用できる」「私も使ってみたい」みたいな。

 

芸能人をCMに起用するのはそういった意図もあります。だからイメージが良い信用のある芸能人が使われるのです。

スキャンダルがあったら色々と大変ですからね。

 

他に信用を高める方法はサイトの構成です。例えば健康食品をネットで調べて、日記系のブログよりも、健康食品専門サイトだったら信用度は高いですよね。

会社が運営しているサイトだとさらに信用度が増しますね。その信用をどの程度与えられるかというのもアフィリエイトをする上で重要なことになります。

 

 

実際に使用している「レビュー」

よく目にするレビュー記事です。実際にその商品を使っている動画や画像を載せて感想を書きます。

信用と似たような話かもしれません。ただ、実際に商品を購入して記事を書くので、売れなかった場合は赤字になってしまうこともあります。

 

 

集客

その商品に興味のある人を集客します。集客はアドセンスで使った方法で構いません。

集客できたらあとは売れる記事を書いて、そこに誘導するだけです。

 

 

アフィリエイトは売れなければ収入は0なので、初心者向けではありません。売るために色々なことを試行錯誤しなければいけません。

これからブログを始めるならまずはアドセンスからにしましょう。そこから段階を踏んでアフィリエイトに移行していけば良いと思います。

 

 

スポンサーリンク