教祖yaneの

教祖yaneの宗教とは全く無関係な話。実は、使者でもある

フィリピン留学でおすすめの学校と選び方

f:id:c120378990c:20180201191416j:plain

語学留学といえばオーストラリアやカナダというイメージ強い。

最近増えてきているのがフィリピンへの語学留学。教祖もフィリピンに留学することにした。その理由を紹介。

 

スポンサーリンク

 

 

フィリピン留学をおすすめする理由とメリット

f:id:c120378990c:20180201191426j:plain

ワンツーマンの授業

これが一番の理由。他の国の授業のほとんどはグループレッスンとなっている。

ワンツーマン授業があったとしても、グループレッスンの料金より高かったりするので中々手が出せない。

 

フィリピンのほとんどの学校はワンツーマンだ。教祖が選んだのは1日8時間コースで、すべてワンツーマンレッスンで、土日はグループレッスンが無料で受けられる。

グループレッスンだと話す機会が減ったり、自分のペースで勉強できなかったりするので身に付かないこともある。

フィリピンだとワンツーマンの授業ができる理由は物価の安さだ。

 

フィリピンの物価は日本の約3分の1と言われている。韓国人や日本人がフィリピンに学校を作って、現地のフィリピン人を安く雇って運営している。

だから教師の人数も多く、ワンツーマンレッスンが可能となっている。

 

もちろんグループならではのメリットもある。例えば、ライバル意識でより勉強したり、他の人から教えてもらうこともできる。

グループで上達しなかったらどうしようと不安な人はワンツーマンが多いフィリピン留学をおすすめする。 

 

 

物価、費用が安い

f:id:c120378990c:20180201191553j:plain

授業料は先ほど話したように普通の留学費用よりも安く抑えられる。教祖は24週の1日8時間コース、食事抜きコース(好き嫌いが多いので)で、約700,000円。

食事付きだとしても約800,000円くらい。高くて1,300,000円程度。

カナダやオーストラリア、その他の国と比べてありえない価格となっている。アメリカの留学費用の3分の1とも言われてる。

 

その他に、

  • 航空券代
  • 海外保険
  • 教材費
  • ビザ延長費用

などが十数万円と、毎日の食事代と消耗品がかかる費用となっている。部屋は複数人部屋だが、色々気になる人は個室を借りて生活することもできる。ホテルなども可能。

物価が安いので食事代やその他の生活費はカナダやオーストラリア、ヨーロッパなどと比べるとかなり安く抑えられる。

それとフィリピンって汚いイメージが強いかもしれないが、日系企業が多いということもあり、内装は綺麗で、食事も日本人向けに作られたりしている。

 

 

公用語が英語

フィリピンで使われている言語は英語。フィリピン語やスペイン語も使われるが、英語の普及率は高く、世界でもイギリス、アメリカに次いで3番目に多いと言われている。

英語のイメージが強いアメリカ、カナダ、オーストラリアに留学をしなくても、日常的に使われている英語を学べることはできる。

 

 

距離が日本と近い

日本と近いということは、

  • 時差が少ない
  • 飛行機代が安い

といったメリットがある。大体4時間くらいで着く。片道だと2万円以下で、往復でも4万円もしない。

ちなみに教祖はフィリピンまでの片道とフィリピンからマレーシアの航空券を購入。

 

 

暖かい

f:id:c120378990c:20180201191700j:plain

個人的なメリット。教祖は寒い地域に住んでいるので、南国の常に暖かい環境はとても嬉しい。

寒いと手が冷たくてやる気がなくなる。

 

 

0円留学

最近流行っているのが0円留学。かかるお金は、

  • 入学費
  • 光熱費
  • 教材費
  • ビザ延長費
  • 航空券代
  • 食費

のみ。授業料やホテル代は完全無料となっている。もちろんカラクリがあって、1日の半分は働かなければいけない仕組みになっている。

働く代わりに授業料などがタダになる。仕事内容はコールセンターがほとんどで、日本語で電話応対する形だ。

 

無料なので学校の質はかなり劣っている。生徒の質も劣っていて、遊び半分で来る人が多い。

 1日4時間程度の授業になってしまうので、英語力が身に付くことは期待しない方が良いかもしれない。

 

 

口コミを見ていると親子で留学する方や70代の方も結構いる。大手企業が研修で使っている学校もフィリピンにあるらしい。

AbemaTVのロンドンブーツの田村淳さんが青山学院大学の受験に合格する企画で、英語を学ぶために訪れていたのもフィリピンとなっている。

今は物価は安いが、他東南アジアと共に物価は上昇していくと思われる(どんどん上がってきている)ので、そうなる前に興味がある人は留学してみても良いかも。

スポンサーリンク

 

 

フィリピン留学のデメリット

f:id:c120378990c:20180201191717j:plain

学校が多い

日本や韓国の企業がどんどん増えてきて、たくさんの学校がある。その中で自分に合った学校を見つけるのは大変。

とにかく入学して欲しくて適当なことばかり言う留学のエージェントもいるので、良いエージェントに当たるまで色々なところに相談することをおすすめする。

 

ある程度何校か絞ることができたら無料資料請求するのもあり。ただ資料は見ずらいのでエージェントに自分の希望をしっかりと伝えて、いくつか候補を出してもらうこともできる。

入学する時は別にエージェントを通す必要はない。候補の学校絞ってもらうだけ絞ってもらうと良い。

 

 

日本人が多い

日本人は日本人が運営している学校だと安心するので、日系の企業の学校に留学する人が多い。

上記の理由からフィリピンへ留学する人が増えていることからも日本人の学生は多い。

 

日本人が多いのがデメリットになる理由は日本語で話してしまうことだ。日常会話を日本語で話してしまうと、英語で話す脳がいつまでも出来上がらないので上達に時間がかかってしまう。

外人が多い学校だと共通言語が英語になるので、頑張って話そうとして成長する速度も加速する。

 

日系企業でない学校では日本人は比較的少ないので、気にせず生活することができる。

ちなみに教祖は日系の学校にした。日本語を話さないようにすれば大丈夫かなと思って。

 

 

教師の能力に差がある

文化の関係があるのかわからないが、サボるフィリピン人や雑談を長くしてしまう人もいる。

教師の教育がしっかりしている学校ももちろんあるが、中にはお友達みたいになってしまう教師が多い学校もある。

 

 

フィリピン留学の学校の選び方

f:id:c120378990c:20180201191903j:plain

費用・授業料

留学費用はどこもそんな変わらないように思うが、最安値と最高値の差は60万円ほどにもなる。個室にすればもっと差は開くし、教祖のように食事代を引いてもらえば安くもなる。

自分が譲れない部分と諦める部分を決めて、削ぎ落していき、条件に合った学校を選ぼう。お金に余裕があるならそんなこと考えなくて良いと思うが。

 

 

厳しさ(スパルタか)

スパルタとセミスパルタ、ノーマルの3種類がある。

スパルタはかなり厳しく、朝早くに起き自習は強制で、毎日テストがあってそれに受からなければ土日の外出禁止などのルールまである。

 

セミスパルタだとそこまで厳しきないが、日本語で話すのが禁止だったり、自習が強制な程度。

ノーマルは普通の学校レベル。そこまでのルールはない。

 

自分が追い込まれなければ勉強できないと思うのであればスパルタで、自分の意志だけでなんとかできると思うならノーマルの学校にすれば良い。

料金はスパルタかノーマルかで差はない。

ただ、厳しすぎて逃げたくなるようであれば、最初からノーマルな学校を選ぶべき。

 

 

学校の場所

学校の場所で多いのがセブ島。セブ島は基本的に日本人観光客が多く、他の外国人はあまり訪れない。

日本がなぜか推している観光地。フィリピン第二の都市と呼ばれ、治安は良くリゾート地で、成田国際空港と関西国際空港から直行便でている。

 

セブ島以外だと、マニラやバギオ、クラークが多い。マニラはフィリピンの首都だが治安は悪い。カジノやゴルフなどを楽しむことができる。

バギオは天空都市と呼ばれ、標高1,500mに存在するので涼しく、治安は良い。

 

マニラからバスで5時間くらいかかりアクセスは悪い。ショッピングモールなどはマニラやセブ島と比べると少ない。

レジャー施設などの誘惑が少ないので、集中して勉強したい人には合っている場所かもしれない。

 

 

綺麗さ

綺麗な設備が良いなら日系の学校を選んだほうが良い。中にはウォシュレット付きのトイレがある学校もある。

その代わり費用はかさむ。

 

 

何を伸ばしたいか

留学するのには人それぞれ目的が違う。

  • 英会話
  • TOEIC
  • TOEFL

学校によってはTOEICを伸ばすコースがなかったりするので、自分が何を伸ばしたいのかを考えて、それに特化した学校を選ぼう。

半日英会話、残りの半日TOEIC特化の授業というコースもある。

 

治安

日本と比べればまだまだ治安が悪い所はあるので、気を付けなければいけないと思う。 

スポンサーリンク

 

 

フィリピン留学おすすめの学校3選

f:id:c120378990c:20180201192149j:plain

出典:セブナビドットコム

CIA(Cebu International Academy. )

セブ島にあるセミスパルタの学校で、13年の歴史ある学校。歴史が短いとカリキュラムや教師の教育も整っていない可能性があるので安心できる。

マクタン国際空港から車で15分の距離で、ショッピングモールまで歩いて5分と好立地。

 

料金は安くもなく高くもない。コストパフォーマンスはかなり良いと思われる。韓国資本なので日本人が多いということもない。ベトナム、台湾、韓国など多国籍となっている。

 

 

BECI

バギオにあるスパルタの学校で、自然が多い場所に位置する学校。タイ、モンゴル、サウジアラビア、韓国、ベトナムなどかなり多国籍で、日本人は少ない。

料金はそこそこ安く、費用対効果は十分だ。

娯楽が周りにないため、バスケットコート、ジム、卓球台などが施設内に設置されている。

 

 

ニルス(NILS)

f:id:c120378990c:20180201192036j:plain

出典:紹介数日本一のフィリピン留学センター

教祖が選んだのはこのセブ島にある日系のニルスという学校。設立してから6年。

スパルタコースとノーマルコースを選ぶことができる。教祖はノーマルコースを選択した。自分の意志で頑張ります。

 

www.yane.me

 

 

選んだ理由は、

  • 安い
  • 食事抜きにできる(好き嫌いが多いので食べれなかったら損)
  • 近くにショッピングモールがある
  • 複数部屋だが仕切り的なものがあり個室みたい(二段ベッドの学校もある)
  • 留学までスカイプで英会話のレッスンが受けられる

日系かどうかはそこまで気にしなかったが日本人率は約100%。施設もそこそこ綺麗。

食事付の場合朝晩2食。口コミはあまり良くない。校則はあまりない。

 

定員 250名
講師 200名
日本人スタッフ 30名
校内の施設 マンツーマン・グループ講義室・休憩室・自習室
寮の施設

台所・電子レンジ・冷蔵庫・ベッド・机・トイレ

シャワー・エアコン・Wi-Fi

その他周辺施設 1階にセブンイレブン・レストラン・コインランドリー