教祖yaneの

教祖だけど宗教とは全く無関係。実は、使者でもある

FPS・TPSは思考力と状況判断力と折れない心が鍛えられる

FPS・TPSのオンライン対戦はプレイヤー次第で色々なものを養うことができる。

FPS・TPSで得られる思考力と精神力について。

TPS・FPSとは?

f:id:c120378990c:20170425002434j:plain

 

 

ゲームをあまりやらない人はわからないと思う。

TPS(サードパーソン・シューティングゲーム・Third Person shooter)は、バイオハザードのような第三者視点。

f:id:c120378990c:20170423203119j:plain

 

 

FPS(ファーストパーソン・シューター・First Person shooter)はCOD(コールオブデューティー)、BF(バトルフィールド)のような本人視点のゲームだ。

f:id:c120378990c:20170423203355j:plain

 

戦争対戦ものが多い。

ゲームをしない人にしたらイメージは悪いかもしれないが、簡単ではなく、よくできたゲームだと思う。

 

 

 

 

TPS・FPS(シューティングゲーム)で得られる思考力と精神力

f:id:c120378990c:20170425002347j:plain

精神力・折れない心

この手のゲームはオンライン対戦なので、初心者は必ず上級者にボコボコにやられる。

この洗礼を受けない人は多分いない。

 

それがイヤになってしまってやめる人も結構いる。

頑張って続けてもやっぱり上手いプレーヤーに勝てないと言ってやめる人も結構いる。

それでも粘って、コツコツ上達していく人もいる。

 

それを乗り越えた人のみがこのゲームの面白さを知ることができ、一部が上級者の仲間入りができる。

負けるのが嫌な人は続かない。

負けず嫌いな人が生き残るゲームだと思う。

 

教祖は元々負けず嫌いではあったが、ゲームによって負けず嫌い折れない心が強くなったと言っても良い。

ゲームでないことでも最初は上手くいかないことが多い。

でも上手くいかないからといって続けないことには、上達することもなく、そこからはなにも生まれない。

プロのスポーツ選手はこれの繰り返しだろう。

努力を続けて強豪たちに勝っていく。

もちろん負けることもたくさん知っていると思う。

 

最初は上手くいかないことを分かっていれば何をしてもすぐに折れることもなく、コツコツと失敗を積み重ねて成長していける。

初めからセンスがある人も稀にいるし、いくら続けても上達しない人もいる。

 

上手くならないのは向上心がないか、どうして成長しないか考えないからだ。

なぜそんなに差があるのか、どうやったら上手くなれるのかを考え、上級者が何を考えてプレイしているか、YouTubeなどで研究して、マネをすれば誰でも勝てるようになると思う。

 

これは社会においても近いことが言えると思う。

上級者は上司、初心者は新人、自分が成長することで上に立つことができる。

 

メンタルを鍛えるのにゲームはおすすめ。

FPS・TPS以外にも難しいゲームであれば精神は鍛えられる。

例えば、死にげーで有名の「ダークソウル」。

 

 

 

視野が広く~周りの動きで自分の役割を、なにをすべきかを

f:id:c120378990c:20170425002357j:plain

オンライン対戦なので、チーム戦だと知らない他のプレイヤーと一緒にプレイしなければいけない。

それぞれが勝手なことをすると相手チームに押されて、負け、最悪の場合ボコボコにされる。

 

コミュニケーションをとりながらプレイすることができないので、動きや成績を見てどのようなプレイヤーかを判断して、それに合わせて自分も行動をする。

ほとんどの場合全員が一致団結することはない。

遊んでる奴、何かを達成しようとしてルールと関係ないことをしている奴、周りのプレイヤーのことを全く考えない奴、など色々いる。

 

成績を見ればイモっている(コソコソ怖気づいている)か、キル専門か、へたくそか、本気でプレイしているか、が分かる。

マップを見ればそれぞれがどんなことをしているか分かる。

 

それを踏まえた上で自分が何をすべきかと状況を判断して、ベストなタイミングで行動しなければいけない。

見るべきポイントが多過ぎて難しいが、これができると1人でも戦況を変えることができる。

 

稀に他のプレイヤーも同じ気持ちで、ものすごいチームワークを見せる時がある。

それがゲームの一番の面白さだと思う。

 

視野が狭い人、周りの動きを見れない、予測できない人はチームワークをとれない。

周りを見て、自分の役割を考え判断する力を養うことができるゲームだと思う。

 

 

状況判断力

f:id:c120378990c:20170425002406j:plain

チームワークでも同じようなことを言ったが、状況判断がかなり大事なゲームだ。

チームでなく個人ルールであったとしてもだ。

エイム(狙い撃つこと)の上手さよりも、周りの状況判断をいかにできるかがこの手のゲームで最も大事なことだと思う。

 

  • 残弾数
  • どのくらい弾を消費するか
  • 敵と味方の動きと距離間
  • あとどのくらいで遭遇しそうか
  • 待ち伏せしてそうか
  • 今のHPで勝てるか
  • そのプレイヤーの考えそうなことを考え行動
  • 自分が何をすべきか
  • 駆け引き
  • リロード(弾補充)のタイミング
  • リスポーンの位置

などを瞬時に判断してプレイしなければいけない。

この記事ではFPS・TPSのゲームには論理、空間認識、対人、身体動作などの思考力が必要だと。

 

 

かなり忙しいが、慣れてくるとこのすべての状況を把握することができ、ベストな行動を選択することができるようになる。

勝てないからとイモったり、ただただ突っ込んでデスがかさむ人は、「下手だから」と決めつけないで、原因を考えてみよう。

 

 

実際に、ロチェスター大学の脳・認知科学教授が、記憶力や集中力、物事を多面的に捉える能力が、プレイしていない人に比べて長けているという研究結果を発表したのも有名。

 

 

自分の性格を知ることができる

プレイスタイルで自分のタイプがわかる。

  • 戦績ばかりを気にする
  • フラグなどのサブをあまり使わない
  • 他人を盾にする
  • 遠くからコソコソ
  • 敵陣へもぐりこんでコソコソ
  • 最前線で戦う
  • チームワークを重視
  • 他のプレーヤーへの迷惑を考える

 

これをなんとなく生活や、社会で当てはめると改めて自分のことを知ることができる。

 

www.yane.me

 

 

 

 

何も考えずにゲームをしていたら得る物はないが、やり方次第ではその人自身の成長に影響を与えることも可能だ。

この手のゲーム以外でも得られるものはあると思う。プレイヤーが何を考えてプレイするか次第だが。

ただ、ゲームはほどほどにね。