教祖yaneの

教祖だけど宗教とは全く無関係。実は、使者でもある

吐き気、食べ物のにおいが気持ち悪い原因は?【実体験】

食欲がない。

飲み物すら飲みたくない。

吐き気がずっとする。

食べ物のにおいが気持ち悪い。

そんな症状の原因を突き止めて、治るまでの物語。

吐き気、食欲不振、食べ物のにおいが気持ち悪い、症状の原因

f:id:c120378990c:20170922192549p:plain

暑い日に遠出したり、疲れると

今年に入ってから登山や観光などでたくさん歩いたり、ちょっと疲れたりすると、食欲がなくなったり吐き気がしたりする。

羊蹄山、八剣山を登山した時も結構しんどかった。

 

www.yane.me

 

 

元から体に不調が出ることは多かったので、ユンケルや総合風邪薬は常備している。特に胃や腸は弱い。

睡眠不足だけでもお腹が痛くなるし、緊張すると胃が痛くなり食欲がなくなる。教祖は丈夫でも健康でもないと思っていた。

それくらいの症状ならいつものアレかと薬を飲んでやり過ごすが、今回のは少し違っていた。

 

スポンサーリンク

 

熱中症?夏バテ?

最初に症状が出たのが観光した時。美瑛町の青い池や白髭の滝など。

観光し終わって家に向かう途中で、急に吐き気。食欲がなく、食べ物だけでなく水分すら摂りたくない。

 

この症状は夜まで続き、気分が悪くて寝ることもできなかったので、夜間病院に行って点滴してもらうことに。

医師には胃腸炎気味と曖昧なことを言われ、「まあ良くなるならなんでもいいや」と薬を飲んで次の日に復活。

 

 

次に起きたのが動物園。その次が羊蹄山、八剣山、最後に温泉観光。登山では動悸があり、他人のペースについていくことがキツかった。

いずれも症状の強弱はあるが、これだけ続くとおかしいと思った。

全てに共通しているのが、

  • 暑い日
  • たくさん歩いている(疲れた時?)
  • 睡眠不足

 

熱中症とか夏バテかな?とも思った。だから羊蹄山以降は水分も細めに摂って、休憩もいつもよりとりながら行動した。

でもダメだった。

 

というより悪化した。

最後の温泉観光では、観光中の食事の一口目で吐き気がした。

お腹の調子が急に悪くなったから、トイレへ行きスッキリしたので残りを食べようと戻ると、食べ物のにおいで気持ち悪かった。

その場にいると吐いてしまいそうだったので、全て残して立ち去った。

 

今まで食欲がなかったり、吐き気がすることはあったが、食べ物のにおいが気持ち悪くなったことはなかった。

この時体の異常を感じたので、原因を調べることにした。

 

 

気持ち悪い症状のまとめ

  • 食欲がない(食べ物、飲み物を見たくもない)
  • 吐き気がする(実際に吐いてはいない)
  • 疲れやすい
  • においに敏感になる(食べ物のにおいが気持ち悪い)
  • 頻脈
  • 精神的に弱る
  • 何もしたくない

 

ちなみに風邪と違って動くことは普通にできる。気分がずっと悪い感じ。

 

 

循環器内科で検査

f:id:c120378990c:20170922192959p:plain

知り合いに相談してみると循環器内科で診てもらうと良いと言われたので行ってみることに。(その時は脈がおかしいと相談したかも)

超音波検査、心電図、息を吹くやつなどの検査をした結果、動脈硬化、肺、心臓に異常はなかった。

少し安心。

逆にどこが悪いのだろうと思った。

 

 

内科で検査

循環器内科で血液検査をしてくれなかったので、近くの内科でしてもらうことに。

肝臓、腎臓、貧血、その他何も異常なし。

血液検査の結果は健康そのものと断言され、他に内科で原因があるとしたら胃か腸ではないかと言われた。

 

ここまできたら原因がわかるまで調べようと思い、胃腸を診てもらうことに。

検査方法は胃カメラ 。

 

スポンサーリンク

 

胃カメラで検査

f:id:c120378990c:20170922193238j:plain

お尻から?鼻から?口から?

 

どこからでも痛そう。

鼻からは楽らしいが、鼻の形次第では血が大量に出て、鼻でできなかった場合結局口からやらなければいけない。

お尻という選択肢はその病院ではなく、口からだった。

 

だが、運よくその先生の専門らしく、かなり評判が良く上手らしい。

 

だが、怖い。

前の日は胃カメラの検査をしている夢を見たくらい。

まあ、これだけハードルを上げているのだから想像よりは大したことないだろうと思っていた。

 

この世にこんな辛いことがあるのかと思うくらい辛かった。

 

内視鏡を入れる前に謎の液体を飲まされたり、ドロドロの液体を口に含まされたりする。それだけで吐きそうだった。

内視鏡を入れてからは何も出ないが、喉に内視鏡がずっと出し入れされているので気持ちが悪いし、息もしづらい。

嘔吐する時の「おえっ」がずっと繰り返される。

 

4分程度の検査だが「まだ終わらないのか」と10回は思った。

拷問ってこんな感じが続くんだろうなと思った。

 

胃腸異常なし。

 

これで異常がないなら精神的な問題があるのではないかと言われた。

まさかとは思ったが、内臓に異常がないのであればその可能性もあるかもしれないと思い、先生に紹介状を書いてもらい精神科へ行くことに。

 

しかし、胃カメラの検査が上手な先生、細くなった内視鏡、この好条件でこの辛さ。

みんなよく耐えてるよ。

これから胃カメラやる人は覚悟しておくといい。2度とやりたくない。

 

 

精神科で検査

f:id:c120378990c:20170922193645j:plain

初めての精神科。鬱病の人や病んでる人が行っているイメージ。

イメージ通りだった。待合室にはそのような雰囲気を漂わせている人が10人〜。結構人が多いのに驚いた。

 

1人5分くらいの診察でテンポよく教祖の番まできた。「そんな時間かけないで大丈夫かこの精神科?」とか思ってかなり不安になってきた。

診察室に入ると爺さんが座っていた。

 

!?

 

「こんな爺さんで大丈夫なのか。しかもだるそう。」という第一印象。

でもさすがは専門家。30分程度話してくれて、思っていたことを全て気持ちよく当ててくれた。じじいなんて思ってごめんよ。

他の人はおそらく通院している患者で、薬をもらいにきているから話すことはほとんどないからテンポがよかったのだろう。 

 

 

ようやくわかった原因とは

f:id:c120378990c:20170922193734j:plain

原因はおそらくストレス。

引っ越し、ルームシェア、新しいビジネス、色々な不安、などが主なストレス。

さらに原因がわからない謎の不快な症状が続き、自分の中で原因を探そうとしても見つからない、そのわからない不安が余計にストレスになって悪循環していた。

 

このストレスが意外と大きかったらしい。

精神科へ行った次の日からびっくりするほど体調が良くなった。ストレスが別のストレスを生んで悪化させていたとは。それは予想していなかった。

 

自分ではストレスなんてほとんど感じていないのだと思っていた。でも体がそういう反応をしているということは自分が思っている以上にストレスを感じているということだった。

そのような小さいストレスが重なって今回のような症状が出てしまった。

 

頭痛、コリ、今回の吐き気や食欲不振などの症状の原因は大抵ストレスによるものらしい。

だから大げさな検査では原因が見つからないらしい。症状を治すには内科で合っているが、根本的な原因を治すには精神科。

もし、同じような症状でなんか体がおかしいと感じたら精神科に行くことを検討することをおすすめする。

 

 

処方された薬

ちなみに循環器内科、普通の内科でもらった薬は主に胃のための薬や吐き気を止める薬。

精神科では不安や緊張が強くなった時の安定剤、意欲を高める薬などをもらった。

気のせいかもしれないが意欲は高まっている。

安定剤は依存するかもしれないという思いが怖くて飲めない。

 

 

観葉植物

具合の悪い期間は何もする気が起きず、何もできなかった。

その間、観葉植物にかなりハマってしまった。現在部屋には40種の植物がいる。

今後その子達も紹介しよう。

スポンサーリンク