教祖yaneの

教祖だけど宗教とは全く無関係。実は、使者でもある

他人の不幸は蜜の味?人の幸せは蜜の味?偽善者ナノ?

「人の不幸は蜜の味」という言葉がある。

教祖が最も好きな言葉だ。

本当に他人の不幸が蜜の味なのか、幸せが蜜の味なのか。

「他人の不幸は蜜の味」という言葉の由来

f:id:c120378990c:20170509201046j:plain

 

由来は、ドイツ語のschadenfreude(シャーデンフロイデ=影の喜び)らしい。

意味は、他人の不幸や悲しい、苦しい、辛い状態を見る、聞くした時に優越感やざまあみろと喜ぶ感情のこと。

 出典:シャーデンフロイデ - Wikipedia

 

最近では「メシウマ(他人の不幸で今日も飯がウマい)」という言葉も2ちゃんで生まれ、昔から幸災楽禍」という四文字熟語まである。

 

この言葉、普通に考えれば最低な響きに聞こえるが、なにも間違ったことは言っていない。

むしろ素直過ぎる表現だ。

教祖はこの言葉を生み出した人はものすごい素直な人間だと思っている。

 

蜜って。

否定派はこの記事を読み終えた後、再度自分に問い直してみて欲しい。

 

スポンサーリンク

 

他人の不幸は本当に蜜の味?

 

どんな不幸の時に嬉しく感じるのか

f:id:c120378990c:20170509202408j:plain

 

この言葉を聞くと「人の不幸を喜ぶなんて…」「人として…」という意見はかなり多いと思う。

だが本当に喜ぶ感情を少しも抱いたことはないだろうか。

 

  • 上司がさらに上の上司に怒られている時
  • どうでもいいカップルが別れた時
  • 仕事がうまくいかない同期を見た時
  • 受験に失敗した人を見た時
  • 恋人ができない人を見た時
  • いくら練習しても上達しない人を見た時

 

このような時、「ざまあみろ」という気持ちを感じた覚えはないだろうか。

ダメだとはわかっていても感じてしまうあの気持ち。

 

自分よりも不幸な状態の人を見たり、聞いたりした時に感じてしまう。

その優越感がこの言葉の状態。

誰もが感じてしまうような当たり前の、仕方のない感情。

特に嫌いな相手に感じやすい。  

 

これらの状況の時に他の感情を抱くとしたら無関心だろう。

興味がないことには何も感じることができないから。

その人にも、そのものにも(恋愛、仕事、学業など)興味がないのだ。

 

では不幸で蜜はどんな人が感じやすいのか、逆に感じない人はどんな人なのか説明していこう。

 

 

他人の不幸が蜜の味に感じてしまいやすい人はどんな人か

f:id:c120378990c:20170509202533j:plain

 

蜜を感じてしまう人はかなり多い。感じない人よりは確実に多い。

それは他人の不幸に蜜を感じてしまいやすい理由にある。

 

とある人の体験談に面白い話がある。

いくつもの事業の経営者でかなりお金持ちだったが、倒産して何十億もの借金をしている60歳。

その人が倒産した人の悩み相談を受けた際、相談後にはみんな元気になって帰っていった。

自分よりもひどい状態の人を見た結果、元気を取り戻したという話。

 

これが人間の本質だろう。

自分より下を見ると安心してしまう心

 

 

不幸を蜜に感じてしまう人の特徴は、自分に不満がある人だ。

 

 

不満があるから上手くできている他人が良く見えて妬み、それが上手くいってないと嬉しく思ってしまう。

例えば、「どうでも良いカップルが分かれた時」に幸せを感じる人は恋愛関係で満足していない人だ。

自分が恋人がいて、幸せで、満足している状態の時はどうでも良いカップルのことなどに関心を持たない。だから気にもしない。

体験談の話だと倒産した自分に不満を。

 

そのことに満足していない人は、さらに満足していない人を見て蜜を感じてしまう。

優劣を比較してしまう。

競争したり、よく見られたいのは当然。

では満足している人は蜜を感じないのか。 

 

不幸が蜜の味に感じにくい人はどんな人か

f:id:c120378990c:20170509202748j:plain

 

もちろん蜜を感じにくい人は逆の満足している人だ。

だが、人間はそんな簡単に満足しない

 

ある程度までいったら、その先の満足を目指してしまう、ないものねだりな生き物だ。

だから蜜を感じてしまう人間はかなり多い。

全てに満足している人などいないので、ほとんどが感じてしまう感情ということになる。

 

満足していると言い聞かせているか、勘違いしているか、向上心がなくて本当に満足しちゃっているか。

どんなことにも全く興味関心を持たない人か。

 

 

不幸の種類にもよる

f:id:c120378990c:20170509203014j:plain

 

全ての不幸に喜べるという訳ではない。

最初から自分よりも立場や状況が下だと思っている人だと、不幸を可哀そうだと感じる

 

ボランティアは良い例。

それで良いと思う。上からを失礼だと認めて、それでも力になりたいと思っている人がそういう活動をしているのだと思う。

 

 

スポンサーリンク

 

他人の幸せは蜜の味?

 

人の幸せが蜜の味なんて本当に言える?

f:id:c120378990c:20170509203029j:plain

 

メシウマの反対に「他人の幸福は飯がまずい」という言葉がある。

他人の不幸は蜜の味とは逆の意味。

 

他の人の幸せが喜べない人は他人の不幸で喜んでいる。

「他人の不幸が幸せ」な人は「他人の幸せが不幸」ということに。

 

噂ではそんなメシウマ族とは逆に、世の中には人の幸せを心から喜んでいる人間もいるらしい。

本当に人の幸せなんかを心から喜んでいるのか?

教祖はそんな人はいないと思っている。

 

「おめでとう」「良かったね」とは言っていても、それで自分が幸せになるくらい喜ぶことなんてできるとは思えない。

大げさだが、「おはよう」と同じで言うのが当たり前だから言っているみたいな、社交辞令のようなものだと思っている。

 

上辺とまでは言わないが、喜ぼうとしている、喜んでいる風、なんとなく良かったね、みたいなニュアンス。

仮に喜んでいたとしても、本気で祝福できるまでは想えていない感じ。

 

幸せの気持ちが0だとは思っていない。少しなら喜べると思う。

本気で喜べるかどうかの話。

その理由は次の通り。

 

 

人間は結局自分が一番好き

f:id:c120378990c:20170509203328j:plain

 

本気で喜べない理由は、他人なんてどうでも良いからだ。

人は何よりも自分が大事で、自分が好き。

他人も好きだし、大事だが、自分とは比べ物にならない。 付き合いも長い、性格も合う、一緒にいて楽しい、のに。

 

もちろん、全く関心がない訳ではない。

自分の人生に良い影響を与えてくれるかどうかで、その人には幸せになって欲しいと思う。

例えば、結婚するかもしれない人、家族、親戚、親しい友達、ビジネス関係の人など。

 

直接的に自分に関わってきて、何かしらの影響がある人には幸せになっていて欲しいと思う。

奥さん、子供には幸せになって欲しいと思うだろう。

自分との関わり、影響が最も強いから。

 

親しくても大した影響を与えてくれないような人だと、あまり喜べないのかも。

人間なんてそんなもん。

 

 

「人の幸せが幸せ」は偽善者?

f:id:c120378990c:20170509203355j:plain

そんなこともないと思う。

全く喜べない訳ではないというのは、前述のとおり。

 

偽善者は本当は喜べていないのに、喜んでいるフリをしている人

こんな人は世の中に山ほどあふれている。

 

自分は受験に落ちて同じところを受かった人に素直におめでとう、どうでも良い人の結婚式などで、内心嬉しくないのに祝福したことはないだろうか。

これは偽善者。

 

喜んでいないのなら、わざわざ嘘なんてつかなきゃいい。

態度や口に出さなきゃいい。

言わなきゃいけない空気の時はあるけどね。

 

 

「メシウマ」は科学的にも証明されている?

fMRIという装置での実験で、科学的に「他人の不幸は蜜の味」が証明されている。

 

 

 

ポジティブに考えると、妬みや比較は「これから向上してやろう」という気持ちを奮い立たせてくれるものでもあるし、現状を不満なのはさらに満足しようと野心や目標を高く持ったりすることができる、という見方もできる。

 

みんながみんな満足していて、全員が他人の幸せを喜べる世界も美しいとも思うが、満足を追い求めている人間が好き。

賛否両論で、一般的にはあまり良い表現ではないが、最も言いにくいことを素直に言っている言葉だと思う。

スポンサーリンク