教祖yaneの

教祖だけど宗教とは全く無関係。実は、使者でもある

息が臭い店員の話。接客業界は特に口臭を気にするべき

f:id:c120378990c:20171025191922j:plain

息が臭い電気屋の店員の話。

息が臭い電気屋の店員の話

f:id:c120378990c:20171025191531j:plain

掃除機を買うことに

観葉植物にハマってから部屋に土的なものが散乱するようになった。何かと足の裏がザラザラする。

なかなかの不快感。

何かの隙間も土だらけで、一瞬ホコリか、虫に見えてまた不快感。

 

それをどうにかしようと掃除機を買うことにした。

ネットでも色々見たが、安いと思ったら発売日が古かったり、コードがあるとか、コードレスだとか、種類があり過ぎて面倒になったので、電気屋に直接見に行って直感で買うことに。

 

電気屋に行くと掃除機コーナーがあり、種類の部門ごと?に店員が立っていた。

紙パックとサイクロン式があって、なんかよくわからんけどサイクロン式にすることに。

 

そこで気になったのが目立っていたダイソンというメーカーの掃除機。PCでいうとsurfaceとかAppleみたいなかっこいい感じに見えた。

名前は聞いたことはあるが、ダイソンの掃除機がどんな特長があって、他の掃除機と何が違うのかは知らなかったので、ダイソンの担当っぽい店員に話を聞くことに。

店員の特徴は、

 

  • 年齢は20代半ば
  • ちょっとオタク感
  • しゃくれ

 

まあ特に特徴はないどこにでもいる普通の店員。

長く使えた方がいいと思ったので、コードレスではなく、コードありの掃除機の話を聞くことに。

 

ダイソンの掃除機のコードありの最低価格の種類は約40,000円で、もっと良い種類は約70,000円。全部で4種類くらいあったかな。

その違いは掃除機の先のヘッドの大きさとその機能、付属品の数で、他のメーカーの掃除機と特に違うところは吸引力の持続性と保証期間が長いことらしい。

頑張れば10年くらいは持つらしく、付属品も5つくらいついているみたいなので、40,000円のを買うことに。

 

 

店員の口が臭かった

f:id:c120378990c:20171025191547j:plain

説明をわかりやすくしてくれたが、説明を聞いている時店員の息が臭かった。そこそこ顔と顔の距離を空けているのに臭う。店員は全く気づいていない。

少しは気を遣え。

途中から臭いが気になって話が入ってこない。

 

まあ仕方ない。たくさん客に喋って口が乾いたのだろう。でも接客するなら口臭も大事なのではないだろうか。

実際に口の臭さが気になって話が入ってこなかったし、その話が実は重要な内容で、アピールポイントだったかもしれない。

臭いと不快だし、近づきたくもない、かわそうとしてしまう。客に家電の説明が多い電気屋の店員としては致命的だと思う。

 

まあほとんどの人の口は近距離で嗅げば臭いだろう。

だからちょっとだけ距離をとって話すとか、客の顔面ではない方向に息がいくように話すとかして欲しい。

 

フリスクやミンティアでその場をしのぐこともできる。客の前で食べるのは見た目的によくないかもしれないが、臭いよりはマシ。

いらん笑顔より、口臭を気にするべき。

 

実際にビジネスマン85%が口臭が気になったことがあるらしい。

そうやって知らないうちにビジネスチャンスを取りこぼしている可能性は絶対にある。

結局教祖はその掃除機を購入したが、もうその人から話は聞帰宅はない。

 

 

ポイントでプリンターを買うことに

f:id:c120378990c:20171025191748j:plain

次の日、掃除機を購入した際にビックカメラのポイントカードを持っていくのを忘れたので、電話して聞いてみると、店に来てレシートと使ったクレジットカードがあればポイントをつけることができると聞いたので行くことに。

3,000ポイントだったが、プリンターが必要だったのでそれに充てることにした。

 

プリンターコーナーに行くと3,000くらいの安いものから数万円するものまで色々な種類があった。

最低限の機能があればよかったので、一番安いのにしようと思ったが、一応店員に話を聞くことにした。

 

プリンター専門の店員が他の客に捕まっていたので、隣の部門の人に聞くと担当の者を呼んで来ますのでと言うので待った。

ようやく5分後くらいに連れて来た店員は汗だくだった。日曜だから忙しいのだろう。

 

一番安いプリンターは印刷のみの機能だが、インクが特殊で高いらしい。6,000円のプリンターだとコピーもできて、Wi-Fiでスマホから印刷することもできるみたいで、少し高いと思ったがそれにすることに。

 

 

実はこの店員も口が臭かった。

汗だくの時点でやばそうとは思ったが、掃除機の店員より臭いレベルがきつかった。

 

「すみません息臭いです。違う人お願いします。」なんて言える訳がない。

接客業界は臭いの度数を測る機器を取り入れて、体臭や口臭に気を配った方が良い。

ものすごく不快。

ケアして下さい。お願いします。話を聞きたくなくなります。近づきたくなくなります。 

 

 

全ての人が口臭に気を使うべき

f:id:c120378990c:20171025191909j:plain

自分の口臭や体臭は気づきにくいらしい。自分の臭いに鼻が慣れてしまうから。じゃあ最初から自分の口は臭いという前提で、仕事中だけでも対策した方が良い。

自覚するのは難しいから仕方のないことだとも思うが、全く気にしないのもどうかと思う。

口臭を気にしていない人は全力で話す人が多い。相手の顔面に向かって大きな声で。

 

臭いのは仕方ない。誰もが息は臭くなる。口臭だけでなく体臭も。

だから「自分は臭くない」と思うな。臭いことを当たり前だと思って生きてくれ。

 

店員だけでなく全ての人が、自分は臭いという前提で予防したり改善したりするべき。

そうすることで不快になる人が減る。

教祖も気をつけます。