教祖yaneの

教祖だけど宗教とは全く無関係。実は、使者でもある

ネガティブ・ポジティブの診断は長所と短所で?変える方法は?

f:id:c120378990c:20171025193215j:plain

あなたはポジティブ?ネガティヴ? 

ネガティヴは悪なのか、ポジティブは善なのか。

どっちが正しいのかは読んでから決めたらいい。 

ポジティブは善?ネガティヴは悪? 

f:id:c120378990c:20170722191748j:plain

 

ポジティブ・ネガティヴ診断|長所・短所でわかる?

まず自分の長所と短所どちらが多いか挙げて欲しい。なんでも良い。

 

例えば長所だったら、

  • 集中力がある
  • 運動が得意
  • マメ
  • 会話力
  • 見た目
  • 時間厳守
  • 高身長

 

短所だったら、

  • 行動力がない
  • 勉強が苦手
  • 飽きやすい
  • 意思が弱い
  • コミュニケーションが下手
  • 元気がない
  • ブス

 

どちらが多かったかで、ポジティブ、ネガティヴ思考なのかがわかる。

長所は短所にもなるし、考え方によっては短所は長所にもなる。

 

元気がないという短所なら、落ち着きがあって冷静という長所に、行動力がないという短所なら慎重という長所に変換することができる。

考え方次第では長所のみ、短所のみにすることもできる。

 

ネガティヴ思考だとマイナス面ばかりを考えてしまい、短所が多く挙がる。

せっかく良いところがあるのに、それを自分で潰してしまっている。

そんな短所ばかり挙がってしまったあなたはネガティヴ要素が多い人かも。

 

長所が多い人は基本はポジティブだろう。

だが、気をつけなければいけないのが、長所は短所にも変換できるということ。

 

するとよろしくない面も見えてくる。長所ばかりに目がいって、安心していてはだめだ。

短所にも目を向けて改善していかなければいけない。しかし、短所ばかり気にしていては落ち込んでしまうので、基本的には長所にするような思考にしておくべき。

www.yane.me

 

 

勝手なネガティヴな思い込みは行動範囲を狭める

f:id:c120378990c:20170722191859j:plain

人は勝手に決めつけてしまうことがある。

  • ブス=恋愛できない
  • 頭が悪い=稼げない
  • 歳をとっている=今更できない
  • 飽きっぽい=やっても無駄

自分はこんな悪いところがあるから、そんなことはできないと決めつけてしまう人がいる。

 

そうやって言い訳をして自分ができることを減らしていき、行動範囲を勝手に狭めてしまうのだ。

イケメンや美女よりブスはモテないかもしれないが、恋愛ができない人はいない。

 

教祖の友人Dはブスでチビでガリガリで自信がなく、25年間恋人ができなかったが、徐々に行動するようになって街コンで初めての彼女を作ることに成功した。

相手の束縛がすごくてすぐ別れてしまったが、一度恋を経験し自分にも恋愛ができることを知り、積極的になってすぐに次の恋人を見つけることができた。

 

全く自分に恋愛的な自信がなく、自分なんか異性に相手にされないと思っていた奴なのに、今では別人。

「こんなブスな俺でも好きって言ってくれて嬉しい」と余裕があり、筋トレやランニングを始め、他の趣味までできるように。

 

これに気づかず人生を過ごす人もいれば、友人Dのように途中で気づき、別の楽しみを見つけて自分の殻を破ることもできる。

自分の意思次第でできないと決めつけていたものはできるようになる。

「俺は頭が悪いから…」「私は飽きっぽいから…」と勝手なネガティヴな決めつけは人生をつまらないものにしている。

 

スポンサーリンク

 

アドラー心理学でポジティブ思考に

f:id:c120378990c:20170722192030j:plain

出典:Wikipedia

今流行っている「嫌われる勇気」のアドラー心理学は「使用の心理学」と言われることがある。

今までの心理学では「所有の心理学」が多く、遺伝で性格や見た目が決まり、それが与えられて、本人の意思とは関係なく運命的に決まっているものとされている。

 

アドラー心理学は与えられてしまったものはどうしようもないのだから、それを上手く使って行こうという考え方。

男で身長が低いのであれば、可愛いと思われるようなキャラを演じれば好感を得られるかもしれないし、頭が悪いのであれば隠さずおバカキャラで愛されれば良い。

 

自分の考え方だけで与えられたものをポジティブにもネガティブにもできる。

与えられたものの使い方によって人生が左右される。

 

自分の短所にうじうじ愚痴っていても仕方ないので、短所を長所に切り替え、どうしようもないことを別の角度から活かしてみよう。

そうすれば自然と前向きになっていくだろう。

 

 

良いネガティヴとは? 

f:id:c120378990c:20170722192115j:plain

ネガティヴとは、悲観、消極、否定的なこと。

そんなネガティヴも場合によっては必要なこともあると思う。

 

ポジティブな人でもどうしてもネガティヴになってしまうこともある。

教祖の場合基本はポジティブだが、恋愛面、人前になるとネガティヴになる傾向がある。

 

そんな自分は嫌いだ。自分がその分野で自信がないから悪い想像をしてしまう。

恋人を信用しきれなかったり、プレゼンの最中頭真っ白になったらどうしようとか考えてしまう。

 

他にも余計なことをあれこれ考えてしまう。これはよくないネガティヴだと思う。考えすぎないのもどうかと思うが。

これを考え出すとどんどん悪い方に考えてしまい、良い結果もでない。

 

投資やビジネスでも未来に良いイメージを持てないのにやってもうまくいかないし、リスクのことばかり考えていると行動力がなくなってしまう。

ほとんどのネガティヴはいらないものだ。

 

良いネガティヴは事故や病気を恐れて適度に予防すること。

命に関わることは多少ネガティヴになった方が良い。健康は大事。少し体を心配して、最低限の対策はしておくべき。

それ以外のネガティヴは余計と考えてる。

 

 

ネガティブをポジティブにするには?

f:id:c120378990c:20170722192204j:plain

ネガティヴな人が急にポジティブ思考になるのなるのは難しい。

生まれつき持った性格とも言われているが、性格は変えることができるので不可能ではない。

 

不可能ではないが、かなり厳しい。

後ろ向きなの人に「ポジティブになりなよ」「マイナスな考え方変えな」と言ってもまるで意味がない。どんな言葉も響かない。ではどうすれば良いか。

 

まずネガティヴな人は自分のネガティヴ思考を認め、自覚しよう。

ネガティヴは否定的なこと。

自分のネガティヴを否定するのではなく、肯定してあげるところから始めて、そこから徐々に上記のことを実践するとことで、今まで短所だった部分が長所に見えてきたり、行動範囲が広くなったりするのではないかと思う。

 

性格なんかすぐには変わらない。絶対に急なポジティブは難しい。そんなことしたら悪化する可能性もある。

少しずつ肯定してみよう。

スポンサーリンク