教祖yaneの

教祖だけど宗教とは全く無関係。実は、使者でもある

札幌岳を登山~豊平峡温泉~花見月という一軒家の蕎麦屋へ

雪が溶けたように感じたので、半年ぶりに登山をしてきた。

登山部の部長と2人で札幌岳へ。

5月17日に札幌の中心部から約2時間で着く、標高1293mの定山渓温泉にある札幌岳を登山してきた。

 

札幌岳を登山してきた

f:id:c120378990c:20170521211633j:plain

 

札幌岳は初心者向けの山?

傾斜が4.5度と結構緩やか。

上っているのか下りているのかわからない道が結構続くが、冷水小屋(2時間40分くらい)から急にきつくなっていく。

途中までゆっくり登っていくので、登るのにそれなりに時間がかかってしまう。

 

f:id:c120378990c:20170521211802j:plain

出典:Wikipedia

 

登って降りてで往復約5時間

初心者は往復2~3時間くらいの山から始めた方が良い。

初めては3時間級の山でも結構きつく感じる。

 

5時間級の山になるとちょっとしんどいので、札幌岳は中級者向けの山と言っていいと思う。

体力に自信がある初心者ならいきなり挑戦しても良いかも。

 

歩行距離は約11㎞で、そこその距離。

何合目という看板がなかったので、今どのあたりを登っているのかわからなかった。

札幌岳は登っているという概念ではないのかな? 

 

f:id:c120378990c:20170521212016j:plain

 

朝4時半に起きて恵庭岳に向かって、6時に到着したが、落石のため通行止めで断念。

仕方なく、近くの山をグーグルマップで検索し、

 

  • 風不死岳
  • 樽前山
  • 空沼岳
  • 札幌岳
  • ホロホロ山

 

が出てきて、結局近い札幌岳に変更することにした。

この日はかなり晴れていて登山日和。登山口は広く、20~30台くらいは停めれそう。一般車道が近いので車上荒らしには注意しよう。

f:id:c120378990c:20170521202208j:plain

出典:HAC山の会

 

人気がある山なので週末は結構駐車場が混み合うらしい。

朝早く行かないと埋まっちゃうかも。

 

散策向け?

あまり登っている感じがなかったので、登山というよりは散策している感じ。

川沿いを歩いていくのだが、何回か丸太や石の上を通って川を渡る見せ場がある。

それが結構楽しい。

異性と登るには良い山かも。

 

f:id:c120378990c:20170521212003j:plain

 

川のせせらぎの音を聞きながらの登山は、より自然を感じることをできる。

野生のリスもいるし、今回はイノシシ?の足跡もあって、ちょっとびびった。出会わなかったが。

今まで山の外側?を歩くことが多い山ばかり登ってきたので、山の中の川沿いを上っていく感覚が自然を観光している気分で新鮮だった。

 

f:id:c120378990c:20170521212026j:plain

 

雪は溶けていると思ったが、半分くらい行ったところ(2時間くらい登った)から膝が埋まるくらい積もっていた。5月なのに。

雪山は登ったことがなく、全く雪対策の準備をしてこなかったので、部長の判断により撤退することに。

残念ながら登頂することはできなかった。

 

f:id:c120378990c:20170521212044j:plain

f:id:c120378990c:20170521212052j:plain

 

 

 

下山したらすぐ近くに豊平峡温泉

f:id:c120378990c:20170521212715j:plain

出典:定山渓観光協会公式サイト

 

豊平峡温泉が札幌岳登山口から車で約4分で着く。

かなり近いので登山後すぐにお風呂にはいることができるし、インドカレーや十割ソバなどの食事もできる。

 

f:id:c120378990c:20170521214227j:plain

出典:定山渓観光協会公式サイト

 

源泉100%で、見どころは露天風呂。

露天風呂からの見晴らし、景色はかなりよく、春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色を見ながら登山の疲れをとることができる。

 

割と有名な温泉なので食堂はかなり混んでいた。

外国人観光客らしき人もいた。

札幌岳を登るなら絶対来るべきスポット。

 

  • 入場料:1,000円
  • 営業時間:10:00~22:30 年中無休
  • 〒061-2301  北海道札幌市南区定山渓608-2

 

f:id:c120378990c:20170521235753j:plain

出典:北海道観光公式サイト GoodDay北海道

 

定山渓温泉が近くにあるので、そっちで温泉を探しても良いと思うが、下山したらすぐに温泉に入りたい人、ご飯もすぐに食べたい人、は豊平峡温泉。

入場料1,000円は少し高いが、その価値は十分ある。

 

この日も食堂が混んでいたので、他のお店で食べることに。

急遽見つけたのが結構当たった。

 

 

花見月という自宅ソバ屋

f:id:c120378990c:20170521235810j:plain

豊平峡温泉から車で約11分で着く、1階を蕎麦屋さんとして使っている一軒家のお店。

自営農園で獲れたそば粉を使っていて、天ぷらにもこだわりを感じた。

 

なんて名前か忘れたが、いくつかソバの種類があって、数量限定の種類もある。

値段は高くも低くもない並。

教祖はとり天そばを。

普通におすすめできる蕎麦屋さん。

 

f:id:c120378990c:20170522000749j:plain

出典:でっかいどう北海道まうんてん

 

  • 北海道札幌市南区簾舞604−2
  • 11:30〜14:30・17:00〜19:30(平日)11:30〜19:30(土日祝日)
  • 定休日(木曜日)

 

 

今回の登山は途中で引き返すという「判断」をした。

部員の命が大事だから。

この判断が正しかったか間違っていたかはわからないが、山では無理はしてはいけない。

 

教祖は決して無理しているとは思わなかったが、部長がそう判断したのであればそれに従うまでだ。

自分の判断1つで他者の命が関わってくると、そう簡単に判断することは難しい。

先へ進む判断をしていれば、無事登頂できて素晴らしい景色を見ることができ、達成感を得られるかもしれないが、遭難したり、死んだりして責任が伸し掛かるかもしれない可能性もある。

 

そんな中での判断が撤退。

悪くない判断だ。

 

 

札幌岳の割と近くにある樽前山という支笏湖が見える山については

www.yane.me