教祖yaneの

教祖だけど宗教とは全く無関係。実は、使者でもある

羊蹄山を登山|近くのご飯屋と混浴温泉へ

羊蹄山には過去に1度、丁度1年前くらいに登ってきた山。

その時は往復7時間で途中何度も挫折しそうになった。辛かったけど山を降りて遠くから羊蹄山を見ると少しだけ自分を誇れた。

自分を誇れることなんてそんなにあることではないと思う。羊蹄山はそんな山。

そして、1年ぶりに羊蹄山を登ってきた。

羊蹄山を登山

登山部メンバー紹介

午前3時半に出発予定で、午後18時に3人がうちに集合した。

今回一緒に行くメンバーは登山部の部長と登山2回目のDの3人だ。

Dは一度この記事で紹介させてもらった。

www.yane.me

 

 

部長は教祖と同じくブログを運営しているので、時間があれば見てあげて欲しい。

いつもこのブログで嘆いている。

 

登山部にはもう一人ソラさんがいるが、登山部を掛け持ちしているので退部させようか考えている。

部長はオールして寝ないで行くらしいが、教祖とDはすぐに寝ることにした。

 

 

出発前に事件が

12時前くらいに就寝して、寝ていると何かが聞こえた。

ちょっと眩しい。

 

起きると怪しい二人組がスマホのライトを点けて何かを呟いている。

もちろん一緒に登山に行く奴らだ。

 

なんの騒ぎだと思ったが、3時半が過ぎていた。

寝坊しちまった。

時間にルーズな奴が嫌いなので、少し罪悪感。そんな感じで出発。

 

 

6時に登り始める

札幌からだと2時間程度で着く。

一度登っているので、どんな感じか知っているし、どの程度のペースでどこが辛いかも把握している。

それを考えながら登り始めた。

前回は3〜4合目が一番辛い時期だった。

 

登山口の前にはキャンプしている人がたくさんいた。6時だからまだみんな寝ている。

今思えば、熊よけの鈴はそこでは外しておけば良かった。

少し反省。ちなみに教祖の鈴は少し高いので良い音色を奏でてくれる。すれ違う登山者にも褒められたくらい。

 

Dは登山部の中ではテンションが高い。朝から浮かれている。

これから7時間も登山するとも知らずに。

 

羊蹄山情報

f:id:c120378990c:20170823140645j:plain

  • 標高:1898m
  • 往復:約8時間
  • 平均斜度:6.8度
  • 歩行距離:14㎞

中級者向けの山で、北海道の富士山と呼ばれるくらい綺麗な形をしている。

今まで登った山の中で、登山時間だけなら一番。

 

駐車場は30~50台ほど停められる。(コースによってはあまり停められない)

リスやモモンガ、ネズミ、キタキツネ、エゾなんたらが良く見れる。

慣れているのか、結構近くまで寄って来てくれる。

 

 

コースの種類は、

  • 倶知安コース(30台・トイレ有)
  • 京極コース(15台・トイレ無)
  • 真狩コース(50台・トイレ有)
  • 喜茂別コース(5台・トイレ無)

がある。

9合目に40名収容できる避難小屋がある。水や食べ物は売っていない。

この日は霧が強かったが、上の方は結構晴れてはいた。札幌岳の時はまだ雪が残ってたからな。

www.yane.me

 

 

 

羊蹄山1合目で

1合目で絶望した教祖。 

過去に一度達成したから今回は大丈夫と油断していた。

羊蹄はそんなにぬるくない。早くも格の違いを思い知った。

 

そして、登り始めると汗が大量に。

登山するのはいつも秋か春で、真夏に登るのは初めてだった。今日は涼しいし汗はそこまでかかないだろとタオルを持ってきていたのに、車に置いてきてしまった。

 

仕方なく着ていたパーカーをタオル代わりにした。

1リットルを2本持って行ったが全然足りない。わかっているかと思うが、夏の登山はタオルと十分すぎる飲み物は必須。気をつけてね。

 

 

登頂…しかし頂上で問題が

思いの外時間がかかってしまい、4時間半かけて頂上へ。

ここまで教祖は食欲がなく、ほとんど何も食べていない。頂上で休憩しても食欲がない。

 

体が弱いので暑い日に食欲がなくなったり、吐き気がしたり、お腹の調子が悪くなったり、夏バテ?熱中症気味になることがある。

それが来た。

頂上で来やがるとは。

 

激しく動くと具合が悪化するので、できるだけ体に衝撃を与えないようにかなりゆっくり降りて行った。

7合目を過ぎると気分が良くなって、いつも通り降りれるように。

水分が切れたので他二人を置いて先に駐車場へ。

 

下山したのは14時。他二人は30分遅れて到着。

羊蹄山はすごかった。

多分成長してる。前より高くなっている。登山に油断は禁物。

 

羊蹄山の近くのご飯と温泉

昼飯の前に混浴がある温泉へ

汗が半端でなかったので、まず温泉へ。

前回の羊蹄山の時にも行ったことのある「ニセコグランドホテル」に今回も行くことになっていた。

 

なぜこの温泉が選ばれるのかというと、露天風呂が混浴だからだ。

今までいくつか混浴の温泉へ一緒に行ったことがある。うちの登山部部長は混浴が大好きなのだ。

おっさんしかいたことないのに。

 

 

ニセコグランドホテル 

f:id:c120378990c:20170822165540j:plain

 出典:ニセコグランドホテル 

 

日帰り、宿泊もできる。

宿泊なら約5000円〜、日帰りなら900円(子供450円)。

 

熱い。中も外もお湯が熱い。

座ったり、歩くだけで体にペンキ的なよくわからないものが付くので、効能の効果はなんか期待できそう。

だが混浴には期待するな。

  • 住所:〒048-1511北海道虻田郡ニセコ町ニセコ412
  • 電話番号:0136-58-2121
  • 営業時間:11:30〜21:00

 

 

昼食には気をつけろ

f:id:c120378990c:20170823141133j:plain

食欲も戻って教祖も食べることにした。

みんなペコペコだったので、行ったことのある湯心亭で食事をとることに。

着くとランチタイムは終わっていた。

 

この辺はうどんやそばが美味しいらしいので、そこから10分離れているうどん屋へ。

そこもやっていなかった。

この辺は昼を過ぎてしまうと夜まで店を閉めるらしい。

 

ニセコ周辺の山へ行く時はちゃんと計画を立てて行った方が良い。途方にくれることになる。

その後、数軒回ってようやく営業していたのがカフェレストラン「JOJO'S」。

 

 

カフェレストラン「JOJO'S」

f:id:c120378990c:20170823141006j:plain

ラフティング帰りの客が多く、水着の客がたくさんいた。

アウトドアの人が集まるところらしい。店内ではクライミングすることもできる。

 

思っていたより美味しい。

ハンバーガーやパスタ、ピザなどがメイン。外ではBBQをしている人もいた。

店内から羊蹄山が綺麗に見える。

 

  • 住所:〒044-0051 北海道虻田郡倶知安町 山田179-53 NAC 2F
  • 営業時間:9:30〜21:00
  • 電話番号:0136-23-2220

 

 

まとめ 

今回の登山から得た教訓は、「一度出来たからといって、油断していると2回目痛い目にあう」。

羊蹄山、しばらくはいいかな。